So-net無料ブログ作成

カトマンズの外こもり族 [外こもり]

ネパールにも「外こもり」の日本人っているんです。

「外こもり」を知らない人に簡単に説明すると、「物価の安い海外に長期滞在し、ダラダラと特に目的もなく過ごしている。ただし、旅行ではないため、移動することはほとんどない」といった人々のことです。

いわゆるバックパッカーなどの旅行者とは一線を画する外こもり族。こういう人たちはもともとバンコクに多くいたんですが、最近はカンボジアやここネパールなど各地に広がりを見せているんです。

とはいえ、10年前にはほとんど見かけなかったため、彼らの出現はここ最近のこと。日本が格差社会や下流などと叫ばれて、外こもり増加の傾向はより顕著になってきています。

「日本だと安い給料で生活も苦しいし、肩身が狭い思いをするけど、海外ならそんなことを気にしなくていいから」

これはカトマンズで会った、外こもり中の日本人のコメント。彼は日本でフリーターをしては貯めたお金でネパールに来ている生活を繰り返しているそうですが、「東南アジアよりも物価が安く、外こもりに適している」と言ってました。

確かに、その通りかもしれません。ネパールはアジアの最貧国のひとつだし、それでありながらヒマラヤを要する観光立国なので、それなりに暮らしやすい。日本食が恋しくなれば日本料理屋だっていくつもあります。今、私がいるネットカフェの徒歩5分圏内にも7~8件の日本食レストランがあるほどです。

おまけにケータイ電話も使え、生活にもさほど不便さは感じられません。ゆえにネパールにも外こもりが増えているのでしょう。

おまけに最近は語学留学する日本人も増加。まあ、留学といっても外こもりの人と中身的には大差変わりません。英語と違い、現地に残らない限りはあまり役立つこともないですからね。

でも、毎度のことながら、そういう人たちと接すると羨ましいと思うんですよね。きっと僕のメンタリティってやつは外こもりに適しているんでしょう。

どうも批判的になれないし(笑)。

けど、まだ取材中ですが、これまで1年あまり多くの外こもりたちと話して感じたのは、今後こういう日本人がますます増えていくだろうなっていうこと。今はまだ社会現象ってほどじゃありませんが、近い将来そう言われる日が来るかもしれません。

明日はカトマンズからポカラという街に移動の予定。ここも外こもりが多い場所なんで、どんな外こもりたちがいるかちょっと楽しみ。

あまりの居心地さに人間が堕落する街とも呼ばれているそうなので、自分が堕落しないように気をつけなければなりませんが(苦笑)。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

LEO

ネパールは大好きなので、現地発のブログを毎日楽しみに
読ませていただいてます。
私がネパール行ったときはちょうど国王が殺され、
戒厳令が解かれた翌日だったので、観光客の姿はまばら。
カトマンズ、ポカラどっちのホテルでも宿泊客は私だけでした。
ネパール人男性の2人に1人は喪に服して坊主にしてました
(ほんのちょっとだけ元の長さの髪の毛を残しておくのが決まりみたい)。
あー懐かしい・・・・・・
ポカラもよいですよね、引き続き楽しんでください!
by LEO (2007-01-23 19:54) 

まっくママ

目的の無い海外逃亡?は、海外に失礼だ〜!!!
by まっくママ (2007-01-24 14:20) 

たかしMAX

>LEOさん

スゴイですね。
まさか、あの時期にネパールに行ってたとは!
実は、ここ最近も死者が出るテロが起きたりと物騒といえば物騒のようです。
それでも前回訪れた2年7ヶ月前に比べれば、ずっとマシですけどね。


>まっくママさん

耳の痛いコメントです(苦笑)。
僕もあまり海外に行くことにたいした目的を持っていないので。
今回だって「取材」というのは建前ですし。
あっ、言っちゃった(笑)。
by たかしMAX (2007-01-24 19:34) 

まっくママ

たかしMAXさんの事じゃないですよ。
こうして、リアルタイムに様子を教えてくれるのはちゃんと人の為になってる。ちゃんと自分なりに取材して、その国に何か一つ良い事してきてね、お願い!!!
by まっくママ (2007-01-25 12:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。