So-net無料ブログ作成

リアルに怖い[心霊スポット] [ミステリー]

毎年、夏になるとコンビニで各地の心霊スポットを紹介した「心霊マップ」や雑誌をよく見かけます。

でも、ああゆうのに紹介されているスポットってトンネルや橋が多く、なんか物足りないんですよね。まあ、建物系だと不法侵入の問題があったりして出版社側が紹介をためらうって事情もあるんですけど。

ちなみに今年は僕も某社の心霊ムック本の仕事を担当しており、約10ヶ所のスポットを紹介しています。そう、ハッキリ言って宣伝です。でも、その割には雑誌の名前をよく覚えてないから宣伝にもなっていませんが(苦笑)。

それはそうと、これまで仕事で全国の心霊スポットを取材してきたこともあり、その場所に流れる噂なども検証したりもしていますが、実は大半(95%。ひょっとしたらそれ以上)がデマ。あっ、オカルト記事を扱う人間としてデマとあっさり認めるのは逆によくありませんね。噂のウラを取ることができなかったとでも言っておきましょう(笑)。

ただし、なかには噂にあった出来事が本当に起きたガチの心霊スポットもあります。そこで、今回は実際に私が訪れたところからそんなスポットの一部をご紹介。

■雄別炭鉱(北海道)―特に炭鉱病院の廃虚がキテます。まあ、病院ですからね。

■八甲田山(青森県)―雪中行軍遭難の話はあまりに有名。

■慰霊の森(岩手県)―航空機事故の墜落現場。心霊スポットとするには不謹慎ですが……。

■軽井沢大橋(長野県)―甲信越地方を代表する自殺の名所。昨年は近所に住む主婦が睡眠中の娘と夫の頭にキャンプ用の杭を打ち込むという残忍な手口で殺害し、橋の中央に停めた車に遺体を放置。自らも橋から飛び降り自殺をしています。

■坪野鉱泉(富山県)―魚津市郊外にあるホテル廃墟。今から約10年前、ここに肝試しに訪れた女性2名がここに行ったきり本当に行方不明になっており、今も消息は分かっていません。日本海に近い土地柄、「某国の工作員に拉致された」との噂もあります。

■大久野島(広島県)―第二次大戦中は地図上に載っていなかった、通称“地図から消された島”。旧陸軍の兵器工場があり、毒ガスを大量に製造していました。そのため、“毒ガス島”ともいわれ、安全面の問題から数百名もの人間が亡くなっています。

■21世紀の森(山口県)―駐車場の一角、それも不自然な場所にオレンジの斜線が引かれて駐車禁止になっている1台分のスペースがありますが、実は焼身自殺の現場。

■惨殺の家(熊本県)―この家に住む女性が惨殺され、しかも未解決のまま時効を迎えています。

 

あくまでこれらはガチな心霊スポットの一部。もしこの夏に肝試しに行こうと計画している方は参考にしてみてください。

ただし、現地で何があっても保障しかねます(苦笑)。

行く場合はあくまで自己責任でお願いします。


トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。