So-net無料ブログ作成

バンコク邦人男性殺害事件4 [外こもり]

事件が大きく動いた。

http://www.news24.jp/116963.html

残念ながら「ほぼ間違いない」とされていた遺体は、やはり棚橋さんであったとタイ警察が「断定」した。

さらに日本人2人が事件の容疑者であることが判明。

うち1人は棚橋さんの自宅に侵入した「ハーフパンツの男」、森宏年容疑者(30)。

そして、もう1人は浦上剛志容疑者(30)。

実は、私は棚橋さんだけでなく、浦上容疑者とも面識がある。

彼を紹介してくれたのは棚橋さんだった。

私はあるマネー雑誌の取材で棚橋さんに取材をお願いしており、そのとき「もし可能ならお知り合いの投資生活者にも話を聞けませんか?」と頼んでおり、当日棚橋さんの自宅マンションに来たのが浦上容疑者。

当時、棚橋さんは部屋は違うが失踪時と同じシーワラーマンションⅡに住んでおり、浦上容疑者も同じマンションの住人だった。

このとき棚橋さんの友人の投資生活者がもう1人来てくれて、さらに当時は私のアシスタントも現場にいたので全員で5人。

棚橋さんの自宅でひと通り話を聞いた後は、バンコク市内スクンビットにある日本風の居酒屋にタクシーで移動。

ここで飲んだ後、浦上容疑者は他の約束が入っているとかで別れ、残りの4人で次の店に移動したが恐らく4~5時間は一緒にいたはず。

一緒に飲んだ人間が殺人事件の被害者と容疑者になってしまうとは……。

私自身、現時点においては正直、報道レベルを超えた内容を知っている。

今週末にはタイに飛び、その裏付けを取るべく事件や彼らを知る人々に会って事件の背景に何があったのか聞くつもりだ。

でも、本当のことを言えば、気が重い。

タイは初めて行った海外の国で、最も好きだった国のひとつでもある。

それに将来住もうかと本気で考えたこともある。

自分でも心の整理があまりついていない。

けど、棚橋さんや彼の友人たちのためにも行かなければ……。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。