So-net無料ブログ作成

眠い目をこすってグラビア撮影 [雑記]

今日は久々のグラビア撮影。

でも、午前中に片付けるべき仕事が先方の都合でなかなか終わらず、なんと2時間遅れで現場入り。自分が立案したグラビア企画なのにスタジオに着いた時点で自分がイメージしていたカットはすべて撮り終えているじゃないですか!

まあ、現場はカメラマンと担当編集氏の仕切りが良かったため、僕はおのぼりさん状態で偉そうに残りの撮影を眺めているだけ。遅刻して来たくせして態度は我ながらデカイ(笑)。

いやぁ、いいもんを拝ませてもらいました。

でも、撮影が終わっても仕事は終わらず、家に戻って原稿書き。今さっきようやく終わり、ホッと一息ついたところです。

日曜から起き続けているので、さすがに眠たい。
というわけでお休みなさい。


深夜ロケ反対! [雑記]

今朝は6時前に起床。

なんだか最近、目覚める時間がメチャクチャ早くなっています。

ライターにしては珍しい、「朝起きて、夜寝る」という健康的な生活サイクルだけど、このまま行けば起きる時間が夜明け前の2時や3時とかになって夜型の生活になっちゃったりして(苦笑)。

実は来月、4~5日くらいの行程で関西取材を予定しているんですが、ほぼ毎日、夜中も撮影になりそうで昼型人間の僕としてはかなり不安。コンビを組む友人でもあるカメラマンが「やっぱりロケは深夜じゃないといい画が撮れない」なんてアホンダラな発言をして、編集者もその意見に同意してるし。言ってることは一理あるけど、夜11時を回ると目がショボショボしてくるんですよね。

「実は、月明かりに照らされると死んじゃう病気なんだ!」とか言って深夜の撮影を回避しようかな(笑)。誰か妙案をください!

で、今日の話に戻ると、昼過ぎまで自宅で原稿を書いたり、資料を調べたりして、その後は打ち合わせ。それも天下の広告代理店D通です。

某エロカッコイイ歌姫を起用した、ある広告記事を手がけることになったんですが、やはり人気絶頂にあるだけに記事の内容などについて制約多過ぎ。まあ、このテの仕事は何度もやってますが、それでも今度は大変そうです。ハァ~

それでも今日の仕事がこれで終われば気も楽ですが、夜まで仕事三昧。そんでもって明日は群馬、それも伊香保温泉の近くまで日帰りプチ地方取材。ああ、これで温泉に寄る時間があればいいんですけどね。

あっ、でもノートPC持って温泉宿に泊まりながら原稿書くって方法もあるのか!

ちょっと、いやヒジョーに魅力的な話かも。う~ん、どうしよう。

さて明日はどこから更新してるのやら。


こんな日もあるさ [雑記]

今日は他にやらねばならないことが多く、早朝から執筆。

原稿を書きながらネットのニュースをチェックすると、「辻ちゃん妊娠。結婚へ」の見出し。喫煙で事務所をクビになった加護ちゃんに続き、辻ちゃんも別の形で芸能界フェイドアウト確定でしょうか。

ただ、年齢はまだ19歳。数年後、バツイチとして芸能界復帰なんて展開は十二分にありそうです。

しかし、ボーッとネットを眺めている余裕もなく、今日入稿の原稿を片付けると、今度は取材のアポ取り。

実は、某誌の企画で心理学者と社会学者に取材を申し込んでいたんですが、いずれも「テーマに対する専門知識がない」との丁重なお断りを受けてしまったんです。

普段はこういう事態を想定して別の識者をリストアップしているんですが、この日はその代役にも取材NGを食らい、さらにその保険にも取材を断わられる始末。昼の時点ですでに6人の識者に断わられるとは……。さすがにここまでひどいことはないんですけどねぇ。

でも、昼過ぎにはなんとか代役の代役のそのまた代役の識者で取材の算段をつけ一安心。とはいえ取材即入稿ってかなりハードな進行ですが。

取材アポを取った後は打ち合わせを1本こなし、事務所に戻って今度はスタッフと打ち合わせ。その後は別雑誌の企画数本分の資料をシコシコと作り、夜は再び打ち合わせで外出。う~ん、我ながら働いているなぁ。

そして、打ち合わせが終わり、次のグラビア撮影で一緒に仕事をする友人のカメラマン氏と会食。まだ仕事があるので早めに切り上げ、仕事場へ戻りましたがここでまたトラブルが発生。

なんと1基しかない仕事場のあるマンションのエレベーターが故障! しかも、管理人さんの話では故障の程度が深刻らしく、明日も終日停止の可能性が大とのこと。なんてことでしょう。

まあ、運動にはなるかもしれないけど、1日の締めがこれなんて。

明日はもうちょっとマシな日になってほしいなぁ。


お説教 [雑記]

今日は7時前に起き、8時過ぎからお仕事。

ここのところ朝から仕事をすることが多いんですが、体調のリズムとしてはそんなに悪くありません。先月は徹夜も続いてましたが、人間やっぱり昼型のほうがいいってことなんでしょうか。

ただし、原稿は1本も書いてなく、資料をまとめたり、記事に載せる表を作ったりで気がつけば夕方。あんまり働いているって気はしないんですけどね。

とりたてて何か特別なことがあったわけじゃないですが、今日は入社2ヶ月目のスタッフが撮影でミスをやらかしたことが発覚し、ガラにもなくお説教。でも、スタッフのヘコんだ態度を見て、ちょっと言い過ぎたかなと反省しております。

まあ、その昔、撮影現場にカメラを持ってこなかった大失態をやらかした自分に比べりゃどうってことないんですけどね(苦笑)。

ちなみに今晩は急な取材が1本入り、夜から出動。で、カメラをまた忘れちゃったりしたら……。

いや~、笑えない話です(苦笑)。


後回し [雑記]

午前中、いい青空が広がっていたので仕事をサボッて散歩へ。

一刻も早く原稿を片付けなきゃいけない状態だったけど、ちょっと外に出るだけで気持ちがいいもんです。

ああ、こんな日に仕事なんてしたくないなぁ。

そんなことを思いつつ昼前、仕事場に戻り、ルポを2本ばかし片付けたらもう16時。

いや、まだ16時か。

他にも仕事はあるけど、後回しでいいや(笑)。

てなわけで、ちょっくら遊びに行ってくることにします。


九死に一生を得た人々(2) [雑記]

以前、旅先で仲良くなった人の話。

その人(仮にSさんとしときましょう)、あのスマトラ沖大地震津波にタイ、プーケットで遭遇してしまったんです。

泊まっていたのはプーケットでも最も賑わいをみせるパトンビーチ。

津波の際、ホテルの宿泊客らしき人が撮影していた映像がニュースとかでよく流れていましたよね。そう、まさにあのビーチなんです。

津波が起きたのは午前中のことで、Sさんは朝食を済まし、ホテルの部屋でのんびりくつろいでいたとか。そこに、ゴゴゴと地鳴りのように響き渡る大きな音。Sさんがホテルのベランダに出てみると、まさに津波がプーケットのビーチを乗り越え、街の中まで押し寄せていたといいます。

幸い、Sさんのホテルはビーチから500mほど奥に入ったところにあるため、そこまで波は届かず、無事でしたが、プーケットだけでも数千人の死傷者を出したのは記憶に新しいところ。しかも、Sさんはその日本当は津波が来る時間の前にビーチに行く予定で、たまたま寝坊したのでゆっくりしていたとか。まさに偶然が身を守ったわけです。

まっ、『オーラの泉』の江原さんや美輪さん的には「偶然は必然」と言うんでしょうけど。確かに、偶然で片付けるには運が良すぎるかもしれません。第一、Sさんは自分でも言ってましたが、普段も旅行中でも寝坊はほどんどしないそうです。

動物が大災害の前にそれを察知して、異常行動を起こすように人間にも鈍くなっているのかもしれませんが、センサーのようなものが備わっているのでしょうかね。

けど、自分の場合はどうだろう?

我ながら普段から行動が異常だし、何が正常で異常かよく分からないなぁ(苦笑)。


確定申告の準備が…… [雑記]

確定申告の締め切りまであと数日。

基本的には人任せですが、交通費と一部経費の計算だけは自分でしているんです。

まあ、全部1人でやっている方に比べると、負担は軽いんですがそれでも大変。交通費の計算をするだけで丸1日かかってしまいました。

というのも普通のサラリーマンの方と違い、取材で日々違う場所に行くため、毎日ルートが変わっていて、手帳や領収書を見ながらの計算。特に昨年はライターになってから最も地方取材が多く、交通費だけでもバカになりません。

他にもかなり経費として計上しているし、思ったほど儲けがないなぁ(苦笑)。

なんてショックな気持ちになってしまったり。

というわけで、今年は去年以上に働いてみるつもりです。

夢の30代セミリアタイア生活に向けて(笑)。


早くもGWの話 [雑記]

今週は比較的ラクな一週間でした。

「でした」と過去形になっているのがポイントで、今晩も明日もお仕事です(苦笑)。

まあ、ウチのスタッフも土日返上で原稿を書いているし、こっちだけ休むわけにもいきませんからね。

入社10日しか経っていない新人にこの仕打ち。我ながら鬼経営者です(苦笑)。

でも、午後1時出勤で、2~3時間打ち合わせや取材に同行して、後は解散。勝手に取材のアポイントを取ってもらい、取材し、原稿を書いてもらってます。

他のところみたいに「まずは雑用でもしながらゆっくり仕事を覚えて……」などと悠長なことを言っている余裕はウチの事務所にはありません。さっそく1人でやってもらわないと大変だし、知らなきゃやりながら覚えてもらえばいいですしね。

どうせあと1ヶ月チョイでGWですからね。僕個人が休みがガツンと取る主義のため、普段は平日も土日も関係ないような状態でもまとまった休みだけは保障してあげるつもりです。

僕が元バックパッカー(今もそんなカンジですが。笑)であることを話すと、「自分も海外でそういう旅をしてみたい」とさっそく感化されてしまった様子。GWでも23日くらいまで出発すれば飛行機代も安く済むし、もし本当に行くなら連休明けまで2週間くらいは休ませてあげようと思っています。どうせ僕もいつも休んでいる時期ですしね。

「飛行機に乗ったことも一度もないんです」と言っていたし、見聞を広げるにはいい機会。ルポや特集になりそうな海外ネタを仕入れることもできるし、なにより旅先で築いた人脈ってライター業に相当役立つんです。だから、いいかなって。

もちろん、その前は超ハードな日々でしょうけど(笑)。

ただし、不安な点もひとつ。

旅に出たいいけど、そのまま戻ってこないで世界一周とかに行っちゃったらどうしよう。

もし自分が逆の立場なら……。

たぶん、世界一周だろうな(笑)。


識者デビュー [雑記]

今週発売の週刊Sに識者として登場してしまいました。

しかも、顔写真入りで(苦笑)。

識者コメントだけなら何度かあるんですが、写真付きっていうのはメジャー誌では初めてかも。

そのため、今日は会う人会う人に「見ましたよ」と言われる始末。

ただ、本音を言うと複雑な限り。だって識者といっても風俗についてですし(苦笑)。

ただ、最近は投資やビジネス系やらお堅い記事の仕事も非常に多く、そっち系の知り合いは「こういう取材もされていたんですか?」と言うんですよね。

僕のことを「ビジネスライター」と見る人もいれば、「風俗ライター」と思っている人も。今回、自分がいろんな風に思われていることを知ったので、まぁ、それはそれでよかったのかもしれません。

写真を見る限りは、ただの胡散臭い奴ですが(笑)。


あと、先月から募集をかけていたアシスタントライター、ついに決まりました。

応募していただいた皆様、本当にありがとうございました。

ちなみに応募総数63。自分でもビックリするほど数でした。

結局、多くの方に採用見送りのメールを送ってしまいましたが、どうか恨まないでください。ウチでは分不相応なほど高キャリアの方もいましたし、他の好条件のところに行ける人も多そうな感じでした。

しがない三文ライターですが、いつでも相談くらいには乗りますので。

てなわけで、どうかご勘弁を。


てつや [雑記]

朝11時から原稿書き。

途中、食事休憩を挟んでも12時間も書き続けています。

心配していた週刊S誌の2本同時入稿は済んだものの他に片付けなきゃいけない原稿がまだ山積み。ハァ~

今晩はまだまだ寝れそうにありません。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。